イリメニ湖(読み)いりめにこ(英語表記)ИльменьIl'men' 

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イリメニ湖
いりめにこ
Ильмень Il'men' 

ロシア連邦ノブゴロド州にある湖。イルメン湖ともいう。バルダイ丘陵北部のイリメニ低地にあり、標高18メートル、水深約10メートル。面積は平均水位で982平方キロメートルであるが、年や季節によって610~2100平方キロメートルと変化する。湖には南部からロバティ、シェロニ、ムスタ、ポーラなど約50の河川が流入し、北岸からボルホフ川が流出してサンクト・ペテルブルグ北部のラドガ湖に注ぐ。湖の周囲は低平で湿地になっており、湖底は平らで軟泥が堆積(たいせき)。11月から4月までは結氷する。ロシア時代にはバルト海岸地方からドニエプル川、ボルガ川への交通路であった。北岸に古都ノブゴロドがある。古い年代記にはイリメルИльмер/Il'mer湖とある。[須長博明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android