イルシッド(英語表記)IRSID

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イルシッド
IRSID

Institut de Recherches de la Sidérurgieの頭文字をとった名称で,パリ郊外サンジェルマナンレーにあるフランス最大の鉄鋼研究所。関連施設としてメッツに試験工場および研修所 (セシッド CESSID) をもっている。建設は 1947年,正式の開所は 52年で,鉄鉱,製鉄,鉄鋼材料および基礎的な物理,化学などの諸部門があり,運営はフランス鉄鋼企業組合 Chambre Syndicale de la Sidérurgieによる。規模は必ずしも大きくはないが,多くの優秀なスタッフをもち,また英独の研究所とも提携して注目すべき業績をあげている。最も著名なのは,現在世界の多くの研究所で使われているX線マイクロアナライザの開発である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android