コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イルデフォンスス イルデフォンススIldefonsus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イルデフォンスス
Ildefonsus

[生]607頃
[没]667頃
スペインのトレド大司教聖人。聖母マリアに深い崇敬を捧げ『聖マリアの処女性について』を著わす。西ゴート時代のスペインにおけるローマ文学最後の代表者

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イルデフォンスス【Ildefonsus】

606ころ‐667
スペインの聖人。トレド近郊のベネディクト会修道院の院長をつとめ,657年トレドの大司教となる。マリアの純潔について書物を著し,彼女に深い崇敬をささげた。伝説によれば,マリアが大聖堂に降って彼の司教座に座し,天のカズラ(上祭服)を彼に与えたという。美術では,司教服または修道服をつけた姿で表され,カズラを持物とする。祝日は1月23日。【荒木 成子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イルデフォンススの関連キーワードボニファチウス3世小野妹子飛鳥時代(年表)創建法隆寺米自治体の破産小野妹子遣隋使日没する処法隆寺小野妹子

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android