イルデフォンスス(英語表記)Ildefonsus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イルデフォンスス
Ildefonsus

[生]607頃
[没]667頃
スペインのトレド大司教聖人。聖母マリアに深い崇敬を捧げ『聖マリアの処女性について』を著わす。西ゴート時代のスペインにおけるローマ文学最後の代表者

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イルデフォンスス【Ildefonsus】

606ころ‐667
スペインの聖人。トレド近郊のベネディクト会修道院の院長をつとめ,657年トレドの大司教となる。マリアの純潔について書物を著し,彼女に深い崇敬をささげた。伝説によれば,マリアが大聖堂に降って彼の司教座に座し,天のカズラ(上祭服)を彼に与えたという。美術では,司教服または修道服をつけた姿で表され,カズラを持物とする。祝日は1月23日。【荒木 成子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android