イルマタル(英語表記)Ilmatar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イルマタル
Ilmatar

叙事詩『カレワラ』に登場するフィンランド神話の女神。世界の初めには,大気の娘である彼女がひとりで原初の海洋の上を漂っていたが,そのうち彼女は波によって妊娠し,英雄ワイナモイネンの母となった。この子がまだ胎内にいたとき,イルマタルは海面を飛んできたかもに自分の両膝の上に巣をつくらせ,を暖めさせてやったが,まだ孵化しないうちに膝をけいれんさせて卵を海に落しこわしてしまった。すると割れた卵の殻の上半分が天に,下半分は大地になり,黄身白身からは,太陽,月,星,雲などが生じたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android