イルマタル(英語表記)Ilmatar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イルマタル
Ilmatar

叙事詩『カレワラ』に登場するフィンランド神話の女神。世界の初めには,大気の娘である彼女がひとりで原初の海洋の上を漂っていたが,そのうち彼女は波によって妊娠し,英雄ワイナモイネンの母となった。この子がまだ胎内にいたとき,イルマタルは海面を飛んできたかもに自分の両膝の上に巣をつくらせ,を暖めさせてやったが,まだ孵化しないうちに膝をけいれんさせて卵を海に落しこわしてしまった。すると割れた卵の殻の上半分が天に,下半分は大地になり,黄身白身からは,太陽,月,星,雲などが生じたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android