イワウチワ(岩団扇)(読み)イワウチワ(英語表記)Shortia uniflora var.kantoensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワウメ科の常緑多年草。関東地方をはじめ中部日本の太平洋側山地の林下に生え,しばしば群生する。根生葉はロゼット状で長い柄があり,径3~7cmの扁円形,縁にあらい波状鋸歯があって先端はややくぼみ,基部は明らかな心形をなす。春に,株の中央から 10~15cmの花茎を直立させ,先端に1花をつける。花は淡紅色,鐘形で横向きに咲き,5裂する花冠の先端はさらに細かく糸状に裂ける。花の中心にめしべ1本,その周囲におしべ5本がある。果実は先のとがった卵形蒴果で,中に多数の種子がある。「岩団扇」の名は岩上に生じ,葉がうちわ形であることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android