コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワカガミ(岩鏡) イワカガミShortia soldanelloides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワカガミ(岩鏡)
イワカガミ
Shortia soldanelloides

イワウメ科の常緑多年草。亜高山帯以下の岩場などに生え,短い根茎は横にはう。は長い柄があり,円心形で厚く,上面つやがあるため,これを鏡にたとえての命名という。初夏,高さ 10cmぐらいの花茎を出し,その先に数個の淡紅色の美しい花をつける。花冠は長さ 10~15mm,先が細かく切れ込む。同属のものには花を1個ずつつけるイワウチワ,葉のやや大きいオオイワカガミ,葉が卵形で鋭い鋸歯のあるヒメイワカガミなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イワカガミ【イワカガミ(岩鏡) Schizocodon soldanelloides Sieb.et Zucc.】

山地の岩場や高山の草地に生えるイワウメ科の常緑多年草(イラスト)。6~8月,花茎の先に3~10個の淡紅色の美しい花をつける。和名は葉に光沢があることから,葉を鏡に見立ててついた。茎は細く,やや木質で地をはい,先に葉を束生する。葉は長い柄があり,円形で長さ幅とも3~6cm,革質で光沢があり,とがった鋸歯がある。枝先に長さ10~20cmの花茎を伸ばす。花冠は漏斗形で5裂し,径1~1.5cm,裂片は多数に細く裂ける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

イワカガミ(岩鏡)の関連キーワード山地