コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワシャジン(岩沙参) イワシャジンAdenophora takedae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワシャジン(岩沙参)
イワシャジン
Adenophora takedae

キキョウ科多年草。関東南西部,中部地方南東部に分布し,渓畔の岩場に下垂して生える。茎は細く垂れ,長さ 30~55cmで無毛。根生葉卵形茎葉は互生し,広線形で縁には内曲する低鋸歯があり,先端は尾状,基部は次第にせばまり葉柄に移行する。葉の表面にはまばらに短毛がある。9~10月,長さ 15~25mmで紫色の鐘形花1~2個を下向きに開く。花冠は先が5浅裂し,は線形でまばらに小歯があり,花柱は花冠内にあって突出しない。和名は岩場に生えるシャジン (ツリガネニンジン〈釣鐘人参〉 ) の意。別名イワツリガネソウ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イワシャジン(岩沙参)の関連キーワードツリガネニンジン釣鐘人参