イワシャジン(岩沙参)(読み)イワシャジン(英語表記)Adenophora takedae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワシャジン(岩沙参)
イワシャジン
Adenophora takedae

キキョウ科多年草。関東南西部,中部地方南東部に分布し,渓畔の岩場に下垂して生える。茎は細く垂れ,長さ 30~55cmで無毛。根生葉卵形茎葉は互生し,広線形で縁には内曲する低鋸歯があり,先端は尾状,基部は次第にせばまり葉柄に移行する。葉の表面にはまばらに短毛がある。9~10月,長さ 15~25mmで紫色の鐘形花1~2個を下向きに開く。花冠は先が5浅裂し,は線形でまばらに小歯があり,花柱は花冠内にあって突出しない。和名は岩場に生えるシャジン (ツリガネニンジン〈釣鐘人参〉 ) の意。別名イワツリガネソウ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android