コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワツメクサ(岩爪草) イワツメクサStellaria nipponica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワツメクサ(岩爪草)
イワツメクサ
Stellaria nipponica

ナデシコ科多年草。別名オオバツメクサ。本州中部以北の高山砂礫地に生える。茎は地表近くで分枝を繰返して立上がり高さ約 15cmになり,繊細で毛がない。葉は線形で開出し,質は薄く平滑。7~8月,茎の先に長柄を出して少数の白花をつける。花柄,萼片ともに無毛。萼片,花弁とも5枚で,花弁は萼片より長く2深裂し,裂片は鈍頭で細長い。おしべは 10本,花柱は3本。蒴果は長楕円形で宿存萼よりやや長く,6裂する。種子は腎円形でまわりに乳頭状突起がある。和名は岩場に生えるツメクサ (爪草) の意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android