コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワナンテン(岩南天) イワナンテンLeucothoe keiskei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワナンテン(岩南天)
イワナンテン
Leucothoe keiskei

ツツジ科の常緑低木。別名イワツバキ。関東,東海,近畿地方山地に分布する。高さ 30~150cmで,崖に垂れて生える。は互生し長卵形,長さ5~8cmで鋭尖頭,縁に鋸歯があり,質は厚く無毛で,光沢がある。6~7月,葉腋に短い総状花序を出し,白色筒形の花を数個下垂する。花冠は長さ 1.5~2cmで縁は5浅裂し,おしべは 10本。果実は扁球形の蒴果で,果柄の先に上向きにつく。和名岩場に生え,葉の形状がナンテン (南天) に似ることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イワナンテン【イワナンテン(岩南天) Leucothoe keiskei Miq.】

山地の日陰の崖に生えるツツジ科の常緑低木(イラスト)。を下垂して筒形の白い花を咲かせる。和名は,岩場に生え葉が南天を思わせることに由来する。木質の茎はまばらに分枝して長さ30~100cm。葉は互生し,卵形で先はとがり,まばらに鋸歯があり,長さ5~9cm,幅1.5~3cm,革質で光沢がある。夏,前年の枝の葉のわきから総状花序を伸ばし,下垂する数個の花をつける。花は長さ2cmほどで中に10本のおしべがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android