コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インキュベーション・キャピタル インキュベーション・キャピタル incubation capital

1件 の用語解説(インキュベーション・キャピタルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インキュベーション・キャピタル
インキュベーション・キャピタル
incubation capital

初期段階のミニ企業に投資して資金面で支援するとともに,実務や経営面でも助言・指導を行なう企業。インキュベーションとは,もともと卵をかえす,あるいは保育器のことを意味し,ベンチャー・ビジネスに投資するベンチャーキャピタルと比較して,(1) シード (種子) にすぎない場合を含めた初期段階に資金支援を行なう (シード・ファイナンス) ,(2) 資金面の支援にとどまらず,経営全般のコンサルティング機能を充実させている,の2点に特色がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インキュベーション・キャピタルの関連キーワードミニ株産業投資特別会計系列融資財テク自己資金投資投信法保護協定レパトリ(Repatriation)次の段階の措置官製ファンド

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone