イングランド・プレミアリーグ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1888年に世界初のリーグとして発足。1992~93年シーズンに「プレミアリーグ」に名称を変更した。20チームが参加し、2回戦総当たりの年間38試合で優勝を争う。3位までのチームには翌シーズンの欧州チャンピオンズリーグの出場権が与えられ、4位は同リーグのプレーオフに進出する。5、6位は欧州リーグに出場。下位3チームは2部に降格する。プレミアリーグに名称変更後の優勝は5チームだけで、マンチェスター・ユナイテッドが12回でトップ。アーセナルチェルシーが3回、ブラックバーンマンチェスター・シティーが1回で続く。これまで日本選手はMF稲本潤一(アーセナル、フラム、ウェストブロミッチ)、FW西沢明訓、MF中田英寿(ともにボルトン)、MF戸田和幸(トットナム)らが所属した。

(2012-08-16 朝日新聞 朝刊 サッカー7)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イングランド・プレミアリーグの関連情報