コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インサーキットエミュレータ いんさーきっとえみゅれーた

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インサーキットエミュレータ

CPU上のマイクロプロセッサーを模倣して動作する装置。マイクロプロセッサーを核とするシステムで、ハードウェアの動作確認やソフトウェアのデバッグを行う際に用いられる。CPU内のレジスターやメモリーの読み書きや、命令のステップ実行ができる。また、特定のアドレスへアクセスするブレークポイントの設定も可能である。トレース(検証)できる命令に制限はなく、データI/Oもトレースできる。CPUをデバッガーなしの状態と同じ速度で実行できる点に特徴がある。CPU上のソケットに接続するポッドというコネクターを交換することで、各種のマイクロプロセッサーの動作を模倣できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

インサーキットエミュレータの関連キーワードマルチコアマルチコアキャッシュメモリーCore i7動作周波数HyperTransportチップセット仮想化オーバークロックCULV

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インサーキットエミュレータの関連情報