コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インタータイプ インタータイプIntertype

1件 の用語解説(インタータイプの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

インタータイプ(Intertype)

文字盤のキーをたたいて、1行ごとに鋳造する活字鋳植機。商標名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のインタータイプの言及

【ライノタイプ】より

…いわゆる自動鋳植機の一種であるが,1字ずつ鋳造するモノタイプと違って1行分ずつ鋳造するのが特徴となっている。これとほとんど同じ機構のものにインタータイプIntertypeがあり,主として新聞・雑誌の組版に使用されるが,しだいに電算植字に移行する傾向にある。ライノタイプはドイツ生れのアメリカ人マーゲンターラーOttmar Mergenthaler(1854‐99)によって発明されたもので,1886年ニューヨーク・トリビューン新聞社で公開され,世界的センセーションを呼び起こした。…

※「インタータイプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone