コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターディーラー市場 いんたーでぃーらーしじょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

インターディーラー市場

証券業者間で証券の売り買いを行なう市場のこと。公社債をおもに取り扱う。公社債は売買単位が大きく、銘柄が多様なため証券取引所での取引になじまず、主として店頭市場で売買されている。そのため、証券業者が個々にストックし、投資家に流通させるにはコスト高になりすぎるため、証券業者間で在庫保有を減らしつつ、互いに融通しあうことが必要となる。このような業者間の取引を行なう場がインターディーラー市場であり「東証国債大口取引」や「日本相互証券会社(B・B証券)」などの第三者が取引仲介の役割を果たしている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インターディーラー市場の関連情報