コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターネットを使った選挙運動

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インターネットを使った選挙運動

公選法は、資金力のある候補者が有利にならないよう、選挙運動に使えるはがきやビラの数を定め、それ以外の「文書図画」を多数の人に配ることを禁じている。サイトや電子メールで投票依頼などをすると抵触する。2010年5月に与野党は候補者や政党が選挙期間中にホームページやブログを更新することなどを認めることで合意。が、その後の政局の混乱でたなざらしになり、公選法改正案は衆院解散で事実上廃案になった。

(2012-12-13 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

インターネットを使った選挙運動の関連キーワードネットと公職選挙法ネット選挙法公職選挙法ネット選挙

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android