コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターバンク市場(Inter-Bank Market)

1件 の用語解説(インターバンク市場(Inter-Bank Market)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

インターバンク市場(Inter-Bank Market)

金融機関が相互の資金の運用と調達を行う場。銀行間市場対顧客市場に対する語で、外国為替相場卸売市場に相当。主に中央銀行市中銀行ブローカー等によって構成される。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インターバンク市場(Inter-Bank Market)の関連キーワード金融機関資金ポジション貸出・資金吸収動向等金融システム信用収縮ミスマッチ運用CP(Commercial paper)当座預金残高日銀当座預金残高登録金融機関

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone