コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターベンション(Intervention)

1件 の用語解説(インターベンション(Intervention)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

インターベンション(Intervention)

介入。正確には外国為替平衡操作中央銀行財務省等の通貨当局が、外国為替相場に影響を与えることを目的に、外国為替市場で通貨間の売買を行うこと。日本では、円相場の安定を実現するために財務大臣の権限において実施され、日銀が財務大臣の代理人として、財務大臣の指示に基づいて為替介入の実務を遂行する。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インターベンション(Intervention)の関連キーワード外国為替銀行外国為替公認銀行為替平衡勘定介入為替平衡資金介入(Intervention)市場介入(Intervention)中央銀行(Central Bank)委託介入外国為替特別会計

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone