コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インダストリアル・キャリア(英語表記)industrial carrier

世界大百科事典 第2版の解説

インダストリアル・キャリア【industrial carrier】

生産企業がその生産活動の補助的手段として,もっぱら自ら使用する原料や燃料を輸送するために,またはその製品の輸送手段として,船舶を所有または裸用船して輸送サービスを自給自足する自己運送形態(プライベート・キャリア)の一つ。したがって,この輸送形態は,運賃の受払いがないので,海運市場活動ではない。生産企業が子会社を設立してもっぱら自己の貨物のみを専属輸送させる場合も,このインダストリアル・キャリアの概念に含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のインダストリアル・キャリアの言及

【交通】より

…こうした規制によって,コモン・キャリアは公衆のために共同利用が可能な輸送機関となった。やがて産業が発達すると,専門の輸送業者を利用したほうが輸送の効率が高まるところから,インダストリアル・キャリアindustrial carrierと呼ばれる輸送業者が発展した。インダストリアル・キャリアとは,ある企業が原料,製品などをみずからの手で運送する場合の運送人,あるいは特定の企業に専属する輸送業者である。…

【貨物船】より

…あらゆる貨物輸送に適合するよう荷役装置を合理化した多目的貨物船も注目されるようになっている。 石油,鉄鉱石,石炭などの工業原料の輸送は不定期船貨物の重要な柱であるが,これらはむしろインダストリアルキャリアとしてとらえるほうが自然である。荷主を特定しない輸送業者をコモンキャリアと呼び,生産者が自己の生産活動のために生産者自体,あるいは自己の支配下の組織に運航させる場合をインダストリアルキャリアと呼ぶ。…

【交通】より

…こうした規制によって,コモン・キャリアは公衆のために共同利用が可能な輸送機関となった。やがて産業が発達すると,専門の輸送業者を利用したほうが輸送の効率が高まるところから,インダストリアル・キャリアindustrial carrierと呼ばれる輸送業者が発展した。インダストリアル・キャリアとは,ある企業が原料,製品などをみずからの手で運送する場合の運送人,あるいは特定の企業に専属する輸送業者である。…

※「インダストリアル・キャリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android