コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インテリジェントズーム いんてりしえんとすうむ,いんてりじぇんとずーむ

1件 の用語解説(インテリジェントズームの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

インテリジェントズーム

 ペンタックスのコンパクトデジタルカメラ、Optio(オプティオ)シリーズの一部機種(A30)に搭載された機能のこと。基本的な仕組みは他社と同様で、光学ズームが望遠側いっぱいまでになったときにインテリジェントズームに切り替わり、さらにズームボタンを押しつづけるとデジタルズームに切り替わる。つまりデジタルズームがONになっていることが前提となる。さらにDigital SRや動画などインテリジェントズームが使えないモードもある。  そのズーム倍率だが、オプティオA30の場合、光学ズームと変わらない画質で最大約16.3倍までのズーム撮影が可能という。実際のインテリジェントズームの倍率は記録サイズによる。最高サイズの10Mのときにはもちろんズームする余地はない。以下、7M時に約3.6倍、5M時に約4.2倍、3M時に約5.3倍、6M時に約6.7倍、XGA時に約10.4倍、VGA時に約16.3倍(いずれも光学3倍ズームと合わせた倍率)となる。 ●類似語 スマートズーム → セーフティズーム → デジタルテレコンファインズームEX光学ズームHDズーム

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

インテリジェントズームの関連キーワードアスペクト比デジカメピクトブリッジPictBridgeコンパクトカメラコンデジコンパクトデジタルカメラCCDシャッターデジタルオーディオモニタ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インテリジェントズームの関連情報