コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インディ・レーシング・リーグ いんでぃれーしんぐりーぐIndy Racing League

1件 の用語解説(インディ・レーシング・リーグの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

インディ・レーシング・リーグ

超高速オーバルコースのレースにこだわるインディアナポリスモーター・スピードウェイのオーナートニージョージが、CARTと対立していた団体と共にインディ500を核として1996年に創設したリーグ。米国内のオーバルコースで行われていたが、平均的なレベルが低くあまり注目されていなかった。しかし2002年を限りにCARTシリーズから撤退したホンダが、03年からこのリーグにイルモア・エンジニアリングと共同でエンジンの開発・供給をすることになった。また03年から初の海外進出レースとして、栃木県のツインリンクもてぎインディジャパンが開催。05年はオーバルコース以外のサーキットでも行われるようになった。06年にはトヨタが撤退し、ホンダが全10チームにエンジンを供給している。

(折山淑美 スポーツライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インディ・レーシング・リーグの関連情報