コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インディ・レーシング・リーグ いんでぃれーしんぐりーぐIndy Racing League

知恵蔵の解説

インディ・レーシング・リーグ

超高速オーバルコースのレースにこだわるインディアナポリス・モーター・スピードウェイのオーナー、トニー・ジョージが、CARTと対立していた団体と共にインディ500を核として1996年に創設したリーグ。米国内のオーバルコースで行われていたが、平均的なレベルが低くあまり注目されていなかった。しかし2002年を限りにCARTシリーズから撤退したホンダが、03年からこのリーグにイルモア・エンジニアリングと共同でエンジンの開発・供給をすることになった。また03年から初の海外進出レースとして、栃木県のツインリンクもてぎでインディ・ジャパンが開催。05年はオーバルコース以外のサーキットでも行われるようになった。06年にはトヨタが撤退し、ホンダが全10チームにエンジンを供給している。

(折山淑美 スポーツライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

インディ・レーシング・リーグの関連キーワードロジャー 安川

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android