コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドと中国

1件 の用語解説(インドと中国の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インドと中国

インド北部アルナチャルプラデシュ州の領有をめぐり1962年に国境紛争を経験。現在も未画定の国境線を抱える。インド側は98年の核実験の際、当時のバジパイ首相が、中国の脅威を主要な理由に挙げるなど、対中警戒感が強い。一方で経済関係は拡大し、インドにとって中国は最大の貿易相手国だ。

(2010-11-27 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インドと中国の関連キーワードカナウジカーンプルサールナートシムラバングラデシュベステルプラッテラクノウインドのチベット人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インドと中国の関連情報