コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドの牛

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インドの牛

インド12億人の約8割が信じるヒンドゥー教では、雄牛はシバ(破壊をつかさどる最高神)の、雌牛クリシュナ(宇宙の維持をつかさどる最高神ビシュヌの化身)のゆかりの動物として神聖視される。乾燥糞は固形燃料としても使われる。牛殺しは犯罪で、ニューデリーでは最高で禁固5年。

(2010-06-12 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

インドの牛の関連キーワード牛頭栴檀

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android