インドの産業大動脈構想

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インドの産業大動脈構想

首都ニューデリーと商業都市ムンバイを結ぶ6州の間でインフラ整備を進め、産業集積をはかる計画。日本の戦後の高度成長を担った太平洋ベルト地帯インド版にあたる。日本政府は昨年10月、両都市間約1468キロを結ぶ貨物専用鉄道の主要部分(約918キロ)の整備に、約4500億円の円借款を供与することでインド政府と合意している。

(2009-08-28 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android