コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドの菜食主義者

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インドの菜食主義者

殺生を規制する宗教上の理由で、国民の8割を占めるヒンドゥー教徒や、ジャイナ教徒に肉や魚を食べない人が多い。ヒンドゥー教徒では、カーストで見ると、最上位のバラモン(僧侶)に伝統的に菜食主義者が多い。一方で、シュードラ(隷属民)や不可触民と呼ばれた下層の人たちは一般に非菜食主義者が多いと言われる。地域的には、南部より北部に菜食主義者が多い。近年は、健康志向から菜食を好む人たちも一部にいる。国立栄養学研究所が昨年まとめた調査では、国民の36%が菜食主義者。90年代初めの54%に比べて減っている。

(2007-01-23 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android