コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドの言語

1件 の用語解説(インドの言語の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インドの言語

数千年の民族移動の名残で言語分布は複雑だ。最大のインド・アーリア語族、アーリア人に押されて南インドに定着したドラビダ語族、それ以前に亜大陸に住みつき、東部丘陵地帯に追いやられたアウストロアジア語族、東北から来たチベット・ビルマ語族に大別される。サンタル語はアウストロアジア語に属する。インド憲法は主たる言語を「指定言語」と定めている。徐々に増えて現在22言語。紙幣には15言語で金額が印刷されている。指定言語は公務員採用にも配慮される。ホー族、オラオン族など、サンタル族以外の部族にも文字を作る動きが出ている。

(2006-03-28 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インドの言語の関連キーワード言語分析民族大移動千年千年鯛月の名残名残の茶民族性ラテン民族誤差分布メンデルスゾーン:「夏の名残のばら」による幻想曲 ホ長調/piano solo

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インドの言語の関連情報