コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドの雇用保障事業

1件 の用語解説(インドの雇用保障事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インドの雇用保障事業

貧困層に対し、最低で年100日間の仕事を保障する。一人でも多くの雇用を生み出すため機械を使うことを禁じている。06年に始まり、今年5月の総選挙で与党の国民会議派が圧勝する要因となった。政府は08年度予算で、総額の2%にあたる1600億ルピーを計上。09年度予算では3910億ルピーに増額された。

(2009-08-29 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インドの雇用保障事業の関連キーワード元請け外勤・内勤兼行日間一仕事間の楔仕事当量働く貧困層日間変動

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone