コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドネシアの総選挙、大統領選挙

1件 の用語解説(インドネシアの総選挙、大統領選挙の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インドネシアの総選挙、大統領選挙

次回総選挙は09年4月。国会の議席の20%、得票率で25%以上を得た政党か政党連合が、7月の大統領選で正副大統領候補を擁立できる。9月の世論調査の支持率では、メガワティ前大統領の野党、闘争民主党が18.6%、スハルト時代の翼賛組織の流れをくむ与党ゴルカル党が18.5%とほぼ互角。大統領選には、ユドヨノ大統領のほか、メガワティ氏、スルタン(イスラム王侯)のハメンクブウォノ10世、元国軍司令官のウィラント氏らが立候補を表明している。投票の結果、過半数を超す正副大統領候補がいない場合は上位2組による決選投票行われる

(2008-12-09 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インドネシアの総選挙、大統領選挙の関連キーワード特別会国会の種類捩れ国会タイ総選挙トルコ総選挙台湾の立法院と選挙イタリア総選挙制度インドの総選挙ドイツ総選挙ドイツの選挙制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone