コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドネシア人の看護師・介護福祉士の候補者の受け入れ

1件 の用語解説(インドネシア人の看護師・介護福祉士の候補者の受け入れの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インドネシア人の看護師・介護福祉士の候補者の受け入れ

インドネシアと日本との政府間で、人の移動や投資など幅広い経済強化を約束する「経済連携協定」(EPA)に基づき、2年間で計1千人を受け入れる予定。第1陣となる208人が08年8月7日に来日。日本国内で約半年の日本語研修を受けた後、全国100カ所の介護施設や病院で資格のいらない介護助手や看護助手として働いている。看護師候補者の滞在許可期間は3年。介護福祉士候補は4年。その間に日本語による国家試験に合格しないと帰国しなければならない。

(2009-07-02 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インドネシア人の看護師・介護福祉士の候補者の受け入れの関連キーワードインドネシア語派マレー語インドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故フリーポート社外国人の介護福祉士・看護師雇用インドネシアからの看護師、介護福祉士の候補者受け入れインドネシア人介護福祉士候補者の受け入れインドネシア人介護福祉士候補者許泳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone