コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドヨーロッパ語族・インド-ゲルマン語族 インドヨーロッパごぞく

大辞林 第三版の解説

インドヨーロッパごぞく【インドヨーロッパ語族・インド-ゲルマン語族】

〔かつては「インド-ゲルマン語族」とも〕
東はインドから西はヨーロッパにまたがる最大の同系語グループ。近世以降、アメリカ大陸、オーストラリア大陸などにも拡大。アルバニア語派・アルメニア語派・イタリック語派・イラン語派・インド語派・ギリシャ語派・ケルト語派・ゲルマン語派・スラブ語派・バルト語派、死語のトカラ語派・ヒッタイト語派などに分かれる。形態的には屈折語。印欧語族。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

インドヨーロッパ語族・インド-ゲルマン語族の関連キーワードオーストラリア大陸イタリック語派ゲルマン語派イラン語派バルト語派インド語派ケルト語派スラブ語派印欧語族屈折語

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android