コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド・パキスタン2国間協定 インドパキスタンにこくかんきょうてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド・パキスタン2国間協定
インドパキスタンにこくかんきょうてい

カシミール問題や3次にわたる印パ戦争,さらにはパキスタンによるシク教徒テロリスト支援など,分離独立以来,インド=パキスタン関係は常に険悪状態にあった。しかし,1988年 12月,パキスタンにブット政権が誕生してから緊張緩和の兆しがみえ始めた。同月イスラマバードで開かれた第4回南アジア地域協力連合 (SAARC) 首脳会議に出席したインドのガンジー首相とブット首相の間で,核施設への相互不攻撃協定,二重課税防止協定,文化交流拡大協定が結ばれた。最大の懸案である核兵器問題については,相互査察など深い追求は行わず,現状維持の姿勢が貫かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android