コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド国鉄

1件 の用語解説(インド国鉄の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インド国鉄

日本より早い1853年に運行開始。英国による植民地経営の基礎として重視された。現在はアジアで中国に次ぐ総延長距離(約6万3千キロ)があり、雇用人員は約140万人。鉄道貨物は05年は6億8千万トンに達し、5年間で4割近く増えた。

(2007-07-08 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インド国鉄の関連キーワードマクシム気早い手っ取り早い早い話が早飯目早いJET巡行開帳夜行バスSITI/SOTO

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone