コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド洋南赤道海流 インドようみなみせきどうかいりゅうIndian South Equatorial Current

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド洋南赤道海流
インドようみなみせきどうかいりゅう
Indian South Equatorial Current

南半球熱帯のインド洋を吹く南東貿易風によって西流する海流。インド洋南部の時計の針と反対回り環流の北側部分を構成し,オーストラリア西岸の南回帰線付近で西オーストラリア海流に接する。インド洋では南緯 20°の北を流れ,海流の中心軸は南緯約 12°にある。アフリカ東岸に近づきマダガスカル島にぶつかってから,一分枝は南へ曲ってモザンビーク海流アガラス海流になり,北へ向う分枝はソマリ海流になる。南半球の冬には,オーストラリア北岸に沿い西流する海流を加えて速く,南東貿易風の北への移動によって,海流の北限が5°~6°北へ移動する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

インド洋南赤道海流の関連キーワード南赤道海流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android