コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インノケンチウス10世(読み)インノケンチウスじっせい(英語表記)Innocentius X

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インノケンチウス10世
インノケンチウスじっせい
Innocentius X

[生]1574.5.7. ローマ
[没]1655.1.7. ローマ
ローマ出身の第236代教皇(在位 1644~55)。本名 Giambattista Pamfili。教皇庁の裁判官,駐ナポリ王国教皇代理,駐スペイン教皇大使を歴任。1626年に教皇ウルバヌス8世(在位 1623~44)から枢機卿(→カーディナル)に任命され,1644年9月に教皇位を引き継いだ。前教皇と対立していた枢機卿らの支持を得てその政策を無効とし,三十年戦争を決着させたウェストファリアの講和も非難した。近親者との関係には問題があり,縁故主義のそしりは免れない。対外的にはスペインのハプスブルク家を支持し,スペインと戦っていたポルトガルの独立を認めなかった。神学においては,イエズス会ジャンセニズムの対立に介入し,1653年の勅書で,司教コルネリウス・ヤンセニウスによる恩恵の本質への解釈をとがめた。ジャンセニズムとの 1世紀にわたる論争は,特にフランスの教会にとって打撃となった。在位中,教皇の威光は著しく衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

インノケンチウス10世

生年月日:1574年5月6日
教皇(在位1644〜55)
1655年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android