コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インパクトレンチ impact wrench

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インパクトレンチ
impact wrench

ボルト,ナットなどのねじ類を打撃回転力を用いて能率よく,確実に締めつけたり,ゆるめたりするための作業工具であり,圧縮空気作動型と電動作動型とがある。前者のほうが一般的であり,圧縮空気で駆動されるロータに直結されたハンマで,衝撃的にソケット (ボルト頭部やナット) 部を回転させる構造になっている。締めつけトルクの抑制装置がないと,正確,均一に締めつけることができないので,ラチェットトーションバーとストップバルブを備えたトルクコントロール・インパクトレンチがよく用いられる。ソケット部が一般のねじ回しの形をしたものをインパクトドライバという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インパクト‐レンチ(impact wrench)

電気や圧縮空気などを用いて、回転と同時に打撃を加えるレンチ。回転させるだけよりも大きな力をかけることができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

インパクトレンチの関連キーワード圧縮空気機械電動工具空気機械電気

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android