インパクトレンチ(英語表記)impact wrench

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インパクトレンチ
impact wrench

ボルト,ナットなどのねじ類を打撃回転力を用いて能率よく,確実に締めつけたり,ゆるめたりするための作業工具であり,圧縮空気作動型と電動作動型とがある。前者のほうが一般的であり,圧縮空気で駆動されるロータに直結されたハンマで,衝撃的にソケット (ボルト頭部やナット) 部を回転させる構造になっている。締めつけトルクの抑制装置がないと,正確,均一に締めつけることができないので,ラチェットトーションバーとストップバルブを備えたトルクコントロール・インパクトレンチがよく用いられる。ソケット部が一般のねじ回しの形をしたものをインパクトドライバという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インパクト‐レンチ(impact wrench)

電気や圧縮空気などを用いて、回転と同時に打撃を加えるレンチ。回転させるだけよりも大きな力をかけることができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android