コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インフルエンザの定点調査

1件 の用語解説(インフルエンザの定点調査の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インフルエンザの定点調査

国立感染症研究所の調査。全国約5千の医療機関で、1週間に受診した1医療機関当たりの患者数で流行状況を判断する。10人を超えると注意報が出る。流行発生前ならば大きな流行の可能性を、発生後なら流行継続の可能性を示す。30人を超えると警報になり、大きな流行が発生または継続しつつあることを示す。同研究所感染症情報センターホームページの「インフルエンザ流行レベルマップ」で見られる

(2009-09-22 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インフルエンザの定点調査の関連キーワード腸チフスはしか国立感染症研究所奈良文化財研究所指定感染症感染症指定医療機関感染症予防・医療法国民医療研究所の調査大谷明永井美之

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone