コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インフルエンザ菌b型(ヒブ)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インフルエンザ菌b型(ヒブ)

ウイルスで広がるインフルエンザとは別の感染症。保菌者への接触などで感染する。菌の外側の膜にある物質によってa~f型に区別され、b型が最も重症化しやすい。予防接種で、子どもの保菌者が減ることで、大人の患者の減少も期待されている。

(2013-08-05 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

インフルエンザ菌b型(ヒブ)の関連キーワードインフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン子宮頸がんと細菌性髄膜炎小児用肺炎球菌ワクチンワクチンギャップHibワクチンHib(ヒブ)細菌性髄膜炎ヒブワクチンヒブ感染症ヒブ髄膜炎Hib

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インフルエンザ菌b型(ヒブ)の関連情報