コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イ・チャンドン監督

1件 の用語解説(イ・チャンドン監督の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イ・チャンドン監督

教師、小説家をへて1997年にデビュー。「オアシス」はベネチア国際映画祭で監督賞など三冠。ほかに「ペパーミントキャンディー」(99年)など。03~07年には韓国文化観光部長官を務めた。最新作「ポエトリー」は10年にカンヌ国際映画祭で脚本賞。福岡市のKBCシネマで上映中で、山口市の山口情報芸術センターでは7月ごろ上映予定。

(2012-03-03 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イ・チャンドン監督の関連キーワード梶山季之デビューデビュタント中島京子藤田宜永矢作俊彦木内昇デビュタン猫は銀幕にデビューする矢田津世子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone