コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イ・プクミョン(李北鳴) イ・プクミョンYi Pukmyǒng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イ・プクミョン(李北鳴)
イ・プクミョン
Yi Pukmyǒng

[生]隆煕2(1908).9.18. 咸興
北朝鮮の作家。 1927年から咸興窒素肥料工場で働き,28年にこの工場の労働者の闘争を描いた中編『窒素肥料工場』を書いたが日本の特高警察に押収され,31年に再執筆して発表。カップに加入し,おもに労働者の生活とたたかいを描いた。 45年の解放後は朝鮮作家同盟副委員長をつとめ,代表作に『出勤停止』 (1932) ,『午前三時』 (35) ,『労働一家』 (47) ,『党の息子』 (61) ,『灯台』 (75) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イ・プクミョン(李北鳴)の関連キーワード国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝クリーマーロマンワインガルトナー