イ・ミョンバク(李明博)(読み)イ・ミョンバク(英語表記)Lee Myung-bak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イ・ミョンバク(李明博)
イ・ミョンバク
Lee Myung-bak

[生]1941.12.19. 大阪
大韓民国(韓国)の政治家,実業家。大統領(在任 2008~13)。日韓併合時代の大阪府で 7人兄弟の 5番目として生まれ,1946年一家は日本の統治から解放された母国韓国に帰国した。極貧のなかで育ち,働いて学費を稼ぎ高麗大学を卒業。1964年に日韓国交正常化(→日韓基本条約)の反対闘争を主導し,6ヵ月間投獄された。1965年発足まもない現代(ヒュンダイ)建設に入社して頭角を現し,現代グループを財閥に育て上げるために貢献。現代建設および系列 9社の最高経営責任者 CEOを兼務していた 1992年,国会議員となり政界入りを果たした。1996年再選,1998年選挙資金にかかわる不正疑惑で有罪となり辞職。その後 1年間アメリカ合衆国に滞在したのち,2002~06年ソウル市長を務めた。2007年の大統領選挙にハンナラ党から出馬して与党候補に圧勝,10年ぶりの保守政権を誕生させた。2013年2月,任期満了により退任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android