コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーラジ・ミールザー Īraj Mīrzā

世界大百科事典 第2版の解説

イーラジ・ミールザー【Īraj Mīrzā】

1874‐1925
近代イランの詩人。カージャール朝の王の家系に生まれ,はじめ宮廷詩人として仕えたが,近代西洋文学も学んだ。官吏となり,晩年は隠遁。平易で力強く,しかも優雅な詩風が親しまれた。ペルシア文学史では,古典派詩人の最後,近代派の初めに位置する。イランの政治を風刺し,婦人のベール着用に反対し,児童教育の必要を説き,母性の偉大さをたたえ,宗教指導者の偽善を暴いた。【加賀谷 寛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

イーラジ・ミールザーの関連キーワード島津保次郎清水宏溝口健二衣笠貞之助エレクトロニクス史(年表)おもなお雇い外国人五所平之助加藤高明内閣アール・デコ内田吐夢

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android