ウィックホフ(英語表記)Wickhoff, Franz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィックホフ
Wickhoff, Franz

[生]1853.5.7. シュタイル
[没]1909.4.6. ベネチア
オーストリアの美術史家。アイテルベルガー,タウジング,テオドール・フォン・ジッケルらに師事。 1885年来ウィーン大学教授。古代織物を研究。美術史学でいうウィーン学派の樹立者。彼の最初の主著『ウィーン創世記』 Wiener Genesis (1895,W. V.ハンテルと共著) で,古代末期のローマ芸術を崩壊期とみなす従来の評価を鋭く批判した。雑誌"Jugend" (1900) では,前5~4世紀頃からローマ皇帝時代に,すでにギリシア模様がインドを通じ中国や日本にも伝播され,東アジアの芸術や手工芸品一般にその影響がみられる,という画期的な説を述べた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android