ウィッテンベルク協定(読み)ウィッテンベルクきょうてい(英語表記)Wittenberg Concord

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィッテンベルク協定
ウィッテンベルクきょうてい
Wittenberg Concord

アルザス出身の宗教改革者 M.ブーツァールター派の Ph.メランヒトンとの間で 1534年に作成した草案に基づいて,36年5月ウィッテンベルクで M.ルターを含むルター派とツウィングリ派の神学者代表間に結ばれた協定。聖餐に関してキリスト実在説を主張するルター派と象徴説を主張するツウィングリ派を前者に近い立場で折衷したが,のちにスイスのツウィングリ派によって拒否された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android