ウィッテンベルク協定(読み)ウィッテンベルクきょうてい(英語表記)Wittenberg Concord

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィッテンベルク協定
ウィッテンベルクきょうてい
Wittenberg Concord

アルザス出身の宗教改革者 M.ブーツァールター派の Ph.メランヒトンとの間で 1534年に作成した草案に基づいて,36年5月ウィッテンベルクで M.ルターを含むルター派とツウィングリ派の神学者代表間に結ばれた協定。聖餐に関してキリスト実在説を主張するルター派と象徴説を主張するツウィングリ派を前者に近い立場で折衷したが,のちにスイスのツウィングリ派によって拒否された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android