コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィドマーク法

1件 の用語解説(ウィドマーク法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウィドマーク法

ドイツの法医学者ウィドマークが1932年に発案。飲酒量や体重、飲酒からの経過時間を体内のアルコール減少率などと掛け合わせ、運転時の体内アルコール保有量を推算する。体重60キロの男性が生ビールジョッキ2杯(800ミリリットル)を飲んだ場合、2時間後の呼気1リットル中のアルコール濃度は0・088~0・334ミリグラムなどと推計値が出る。立件する際は、推計値の数値幅で最低の値を採用するのが通例だ。

(2010-11-13 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィドマーク法の関連キーワードエンドマークグリムランドマークトレードマークメリーウィドー石川哲郎小南又一郎土井十二古田莞爾三田定則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone