コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィノーナ Winona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィノーナ
Winona

アメリカ合衆国,ミネソタ州南東部の都市。ミシシッピ川の河畔の高台にあり,セントポール南東約 160kmに位置する。対岸はウィスコンシン州。町の起源は 1851年。ニューイングランドから来た移民によって形成され,ポーランド,ドイツからの移民がこれに続いた。地名はインディアン,スー族の伝説の女性名「ウェノーナ」がなまったもの。ミシシッピ川の重要な河港となり,製粉,製材工業で発展した。その後は多種類にわたる工業をもつ都市に変貌し,医薬品,化粧品,金属製品,化学肥料,潤滑装置,製粉などの諸工業が盛ん。ウィノーナ州立大学 (1860創立) がある。人口2万 5399 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android