コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィリアム[4世] ウィリアム

百科事典マイペディアの解説

ウィリアム[4世]【ウィリアム】

英国,ハノーバー朝第5代目の国王(在位1830年−1837年)。ジョージ3世の三男。1789年クラレンス公に叙せられ,翌年海軍に入り,アメリカならびに西インド諸島などで軍務につき,1827年海軍司令長官となる。1830年長兄ジョージ4世の死去により即位したが,前歴から〈水兵の国王 the Sailor King〉の異名で呼ばれた。その治世における最大の事件は,1832年の選挙法改正であったが,改正法案が貴族院の反対にあって難航したとき,賛成数をふやすための新貴族をつくる要請には応じなかったが,保守派貴族に投票の棄権を促して,改正の実現に陰の力があった。王妃アデレードとの間に王位継承者が生まれなかったため,後を姪のビクトリアがついだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィリアム[4世]【William IV】

1765‐1837
ハノーバー朝第5代のイギリス王。在位1830‐37年。ジョージ3世の三男で,早くから海軍に勤務。1789年クラレンス公に叙せられ,1827年海軍司令長官。30年,長兄ジョージ4世の死去により即位。32年,第1次選挙法改正法案が貴族院の反対にあった時,法案賛成の多数派を同院に創出するための新貴族叙爵の要請には応じなかったが,トーリー貴族に投票棄権を促した。王妃アドレードとの間に後継ぎがないため,王の死後は姪のビクトリアが即位。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウィリアム[4世]の言及

【ハノーバー朝】より

… 1820年,皇太子はジョージ4世(在位1820‐30)として登位,審査法の廃止(1828),カトリック解放法の成立(1829)などがこの王の下で実現する。次のウィリアム4世(在位1830‐37)は,ジョージ3世の三男(ジョージ4世の弟)で,長期間女優と同棲し,10人の子どもをもうけるなど奔放な青年時代を送った。32年の選挙法改正をめぐる混乱に際しては,不承不承ながら貴族院の反対を抑えるためにトーリー貴族に棄権を促した。…

※「ウィリアム[4世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィリアム[4世]の関連キーワード選挙法改正(英国)ジョージ[3世]ジョージ[4世]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android