ウィリアムズ(読み)うぃりあむず(英語表記)William Carlos Williams

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィリアムズ(William Carlos Williams)
うぃりあむず
William Carlos Williams
(1883―1963)

アメリカの詩人。ニュー・ジャージー州ラザフォードで開業医をしながら、生涯詩作に没頭した。エズラ・パウンドとの交遊からイマジズムの影響を受け、初期の詩集『春とすべて』(1923)で新鮮な即物的詩風を確立した。誇張された象徴主義を排し、平明な観察をもとにした「客観主義」の詩を標榜(ひょうぼう)、詩集『ブリューゲルの絵その他』(1962)で1963年ピュリッツァー賞を受賞。また五部作『パターソン』(1946~58)では、卑近な題材で日常のことばを駆使して壮大な叙事詩を書き上げた。ほかに『自伝』(1951)や小説、評論もある。[新倉俊一]
『鍵谷幸信訳『ウィリアムズ詩集』(1968・思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィリアムズの関連情報