コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィリアムソン うぃりあむそんAlexander William Williamson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィリアムソン(イギリスの化学者 Alexander William Williamson)
うぃりあむそん
Alexander William Williamson
(1824―1904)

イギリスの化学者。ロンドンのウォンズワースにおいてスコットランド人の第2子として生まれる。幼少時より体が弱く、右目が見えないうえ左手が不自由であった。父の勧めでドイツのハイデルベルク大学で医学を学んだが、そのときグメーリンの講義に興味をもち、化学を専攻することになった。1844年よりギーセン大学でリービヒに学び、1846年にはパリに行き、個人の化学研究室をつくって、ローランやジェラール(ゲルアルト)ら化学者たちと親しく交わり、コントに数学を学んだ。1849年ロンドン大学の分析化学の教授、1855年T・グレアムの後を継いで同大学一般化学の教授となり、1887年ラムゼーにそれを譲るまで続けた。退職後故郷に退き、80歳で没した。
 おもな業績は「エーテル生成の理論」(1850)で、アルコールの置換体を得ようとして実験中、エーテルが合成できることをみいだし、当時混乱していたアルコールとエーテルの構造の関係を明らかにした。この理論は歴史的に二つの重要性をもつ。一つは触媒反応において中間生成物を、いま一つは化学反応の動的平衡を初めて考えたことである。この合成法によってメチルエチルエーテルなど種々のエーテルを合成した。また『塩の構成』(1851)の論文中に「水型説」を提唱し、分子構造論の進歩に寄与した。1860年以降は原子論を擁護し、反対論者と論争した。
 日本に対する貢献が大きく、1863年、長州藩の伊藤博文(ひろぶみ)、井上馨(かおる)、山尾傭三(ようぞう)(1837―1917)、井上勝(まさる)、遠藤謹介(1836―1893)の5人を自宅へ寄泊させたのをはじめ、森有礼(ありのり)ら16人の日本人青年の世話をした。また1874年、彼の助手のアトキンソンを「お雇い外国人教師」として日本へ派遣、さらに1876年には留学生桜井錠二(じょうじ)を迎え、1881年まで直接に化学を指導するなど、日本の化学者の育成に尽力した。[岩田敦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィリアムソンの関連キーワードオドリングエーテルケクレ

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィリアムソンの関連情報