ウィリアムテル

精選版 日本国語大辞典の解説

ウィリアム‐テル

(William Tell 「ウィルヘルム‐テル」の英語形)
[一] 一三世紀末からのスイス独立運動に活躍したとされる伝説上の英雄。弓の名人で、悪代官ゲスラーに強いられて愛児の頭上のリンゴを射落とす話は有名。
[二] (原題Wilhelm Tell) (一)を題材とした作品。
① 戯曲。シラー作。五幕一五場。一八〇四年作。日本では明治三八年(一九〇五)巖谷小波の翻案、演出で「瑞西(スイス)義民伝」として初演。
② ロッシーニ作曲の(二)①による四幕のオペラ。一八二九年パリで初演。原題はフランス語で「ギョーム‐テル Guillaume Tell」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィリアムテルの関連情報