ウィルソン(Edwin Bidwell Wilson)(読み)うぃるそん(英語表記)Edwin Bidwell Wilson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルソン(Edwin Bidwell Wilson)
うぃるそん
Edwin Bidwell Wilson
(1879―1964)

アメリカの数学者、物理学者。コネティカット州ハートフォードに生まれる。1899年ハーバード大学卒業後、エール大学で物理学者のギブスに師事し、1901年学位を取得した。エール大学、マサチューセッツ工科大学MIT)で教え、1917年MITの物理部門の部長となった。第一次世界大戦中は流体力学航空工学の分野を研究し、1920年代からは統計学に着手し、1922年にはハーバード公衆衛生学校の人口統計学教授になり、1929年にはアメリカ統計学会会長に就任した。1920年代は推測統計学の建設期であり、彼の区間推定法、信頼区間の考え方はそれに貢献した。また人口増加を解析的に表現するロジスティック関数を提唱した。

高山 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android