コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルソン,C.A. うぃるそん

世界大百科事典内のウィルソン,C.A.の言及

【電子】より

…これはエネルギーが物質に転化する過程である。これを電子対生成electron‐pair creationといい,32年C.A.ウィルソンが宇宙線の霧箱写真において最初に見いだしたもので,ディラックの空孔理論の実証の一つである。原子核,μ粒子その他の粒子のβ崩壊の際にも電子が生成・放出され,これはβ線と呼ばれる。…

※「ウィルソン,C.A.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android